スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Reproduction』part.2

ミンチョルの会社では

集めたれたもの達がソワソワしていた


社長が連れてくる人物像があまりにも把握できなかったからである


キチャンが知っているのは

女性でバーで歌っていたと言うだけだった

しかしながら・・・すむ所 レッスンの期間

レコーディング デビュー日

すべてが決まっていた



セナは少しだけ慌てていた

今のセナにはライバルと言えるような人物はいない

それは自他共に認められている


そんなセナのミンチョルが言った一言

「ライバルになる人物だ」

言われてからその言葉が気になってしかたない

昔ならそんなことを言われたら

きっとどんなことをしても聞きだそうとするけど・・・

そんなそぶりも見せない


慌てている反面 楽しみでもあった

どんな相手がきても自信があった

セナのとってのライバルは昔からひとりだけだった・・・





会議室のドアが静かに開く









続きを読む

スポンサーサイト

『Reproduction』part.1

いよいよクムスクをみんなに合わせる日となった



セナのライバルになる子に合わせると言って

セナもナレも会社に呼び出していた


セナとは次の曲の打ち合わせもあったので

都合がよかった

どうせ合わせるなら一度で済ませたいと思っていた



何もかもが異例だった

集まった全員が名前さえも知らされていない


ミンジまでもが来ている

迎えにはミンチョルが

いったい誰が来るのか想像さえもできなかった












続きを読む

『favorable』part.5


ミンチョルはクムスクの名前を一切ださなかった

住むところ レッスン その他いろいろなことは

次々に決めて行く


デビュー日も決めていた

実際は再デビューになるのだが・・・

誰にも言ってないためデビューという形でものごとは進んでいく



住むところとレッスンの日取りが決まり

ミンチョルはクムスクの連絡を入れた


明日上京してくださいと


近くの駅までミンチョル自身が迎えに行くことも告げた



クムスクはいつでも上京できるようにしていた

お世話になった人達に挨拶を済ませ

後はミンチョルからの連絡を待っていた






続きを読む

『favorable』part.4



クムスクはこの日を待っていた



ミンチョルがプロデューサーとしての活躍を見るたび

セナの活躍を見るたび

自分にもチャンスがあるかと思っていた

にデビューの誘いはあった

でも・・・歌手になる気はないと全て断った


もしもう一度歌手としてやっていけるなら

ミンチョルのプロデュースをして欲しかった


デビューの話しが何件かあった時に

自分のことがミンチョルの耳に入ればと思った

でも・・・

前の自分とは違う

今のミンチョルに自分をプロデュースする時間も余裕もないだろうし

ましてやこんな田舎で歌っている自分を探しだそうとするのか?

ミンジの友達ということで無理やりに入った経緯もある


今日ミンチョルが何しに来たのか?まだ聞いていない






続きを読む

『favorable』part.3


ミンチョルは予定通りPVの撮影を終えて

クムスクがいるというBarに向かった



思ったよりも綺麗なBarだった・・・

中に入るとピアノの音色が聞こえてきた

歌手はいない


もしかすると今日は出演はないのかもしれないと思ったが・・・

カウンターに座りバーボンを注文した





続きを読む

     
プロフィール

shian

Author:shian
『Love is LBH』へようこそ
コメント欄はありません
拍手をポチッしていただけると
嬉しいです

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
光り輝くダイア
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。